ニッセングループ Nissen Co.,Ltd.
ニッセンオンライン
 

ニッセンホールディング インフォメーションサイト

ニッセン企業情報サイトのHOMEへ戻る
ニッセングループ TOP >  ニッセン物流センターのご紹介

ニッセン物流センターのご紹介

商品の保管から発送まで、
1日最大約20万点を出荷する
ニッセンの物流システム

大規模な商品点数でも正確な商品管理、スピーディーな発送、顧客単位での柔軟な対応力などを強みとしています。
福井ロジスティクスセンターは、約24万アイテムを取り扱っており、1日最大約20万点の商品を全国のお客様へ発送する能力を持っております。

福井ロジスティクスセンター

入荷
仕入先より商品が届くと、商品が入ったケースが荷受場よりコンベアで搬送され、自動倉庫に保管されます。
搬送途上でケースラベルに貼りつけてあるバーコードを読み込んで、仕入先・商品番号・商品点数の情報を登録します。
また、ケースの荷姿不良のチェックや、ケースカウントも同時に自動化で行われます。
この情報をもとに自動倉庫に保管された商品は、ニッセン在庫として計上されます。
出力
「伝票出力」
お客様が注文された商品の明細書と、全ての注文情報が記載されたリストはプリンター室にて出力されます。

「ラッピングマシン」
商品を購入されたお客様の様々な情報(地域や年齢など)をもとにお客様に合った広告チラシ類を同封します。最大30種類を同封することが可能です。
補充
お客様からの注文に伴い、商品ケースが自動倉庫より補充コンベアや無人搬送機(スカイラブと呼ばれる機械)で商品棚のあるフロアへ搬送されます。商品補充作業者は出庫されたケースを1箱ずつ、決められた商品棚へ棚入れします。
ピッキング
お客様の注文情報の入ったリストをもとに、商品を棚から取り出す作業をピッキングといいます。バケットと呼ばれる青い箱が搬送され、商品が保管されているフロアに自動的に立ち寄り、作業者は立ち寄ったバケット内にピッキングした商品を入れます。
パッキング
ピッキングが完了したバケットは仕分梱包場に搬送され、そこでお客様1人ずつに仕分けされます。ここではお客様の様々な情報(地域や年齢など)に合わせて、最大12種類のカタログや小冊子を商品と一緒に同封することができます。梱包作業者はお客様への送付状や注文ハガキを手元のプリンターで印刷し、伝票出力で出力された商品明細と供に商品サイズに見合った箱や袋で梱包出荷します。(この一連の作業を仕分梱包「パッキング」といいます)
方面別仕分
梱包が完了した梱包ケースは、コンベアに流され、搬送途上で、機械が送り状に印刷されているバーコードを読み取り、出荷方面別に自動仕分されます。方面別に仕分された梱包ケースは、トラックに積み込み後、福井ロジスティクスセンターから宅配会社様のベース拠点に持ち込まれ、お客様の元に届けられます。

福利厚生の一例

社員食堂
社員食堂を運営しており、日替り定食・ラーメン・カレーなどの定番メニューを格安で販売しております。
また、従業員の憩いの場としても利用されております。
事業所内託児施設
福井ロジスティクスセンターでは、事業所内託児施設「なかよし共和国」の運営を行っております。
小さな子どもを持つ従業員も安心して働くことができます。